専業主婦が借りれるカードローンの返済額

MENU

カードローン会社への返済方法

カードローンの返済によく使われるのがリボルビング払いと呼ばれる方式です。
リボルビング払いの最大のメリットは、月々の返済額が一定であるため返済計画が立てやすいことです。
リボ払いでは原則として借入残高にかかわらず毎月の返済額が一定です。
新規契約時に指定した返済額から当月残高に一定の金利を掛けて算出した利息分を差し引いた分が、元金から返済にあてられる金額となります。
このため元金そのものがなかなか減少しないのが特徴でもあります。

 

また残高スライドリボルビング方式とよばれる方法では、残高に応じて月々の返済額が多くなったり少なくなったりとスライドします。
返済を続けて利用残高が減ってくると自動的に返済額が少ない設定となるため、さらに返済が長引く原因ともなります。
最低返済額は金融機関によって異なりますが、限度額が低ければ3000円や5000円などから返済を行うことができます。

 

これなら普段の生活に支障を来たさずに無理なくお金を返すことが可能になりますね。また返済が長引いて利息がかさむのを少しでも抑えたければ、
比較的余裕がある月には繰上げ返済を併用するのがおすすめです。
まとまった金額を繰上げ返済することで、残高をグンと減らして返済期間を短縮することが可能になるのです。
繰上げ返済は事前にインターネット上のマイページで申し込みを済ませておき、当月の引き落とし分にプラスする方法などがあります。

 

またインターネットバンキングでの振込や提携ATMからの入金による繰上げ返済も行えます。
このようにカードローンで借り入れする際の返済方法には十分な注意が必要です。
あらかじめしっかりと情報収集を行い返済方式とその流れについて理解しておくことで、安心して利用できるようになります。
返済シミュレーションを活用して利用状況を把握しつつ、毎月の指定日に入金漏れや返済遅れのないよう、日頃からくれぐれも注意して借入を行いましょう。